子供がいるから育児と両立できる職場がいい

子供のいる看護師さんは、どうしても子供中心の私生活となってしまいますので、仕事をしていくには保育園や幼稚園などにお子様を預ける必要があります。
また決まった時間にお迎えに行かなければならずさらには、突然お子様が熱を出してしまったりすれば仕事を休んだり早上がりすることもあるでしょう。
kango10
こういった部分についてしっかりと理解してくれるような職場を見つけることが大切です。
特に子供が生まれたばかりで小さなお子様を抱えているナースの場合には職場を探すのが難しいと言われていますが、近年では託児所を準備してくれている医療機関などもあるため、こうした病院で働けば保育園や幼稚園などが見つからなくても子供を預けて働くことができます。
また子育てにもしっかりと理解を示し、勤務時間を考慮してくれるような職場であればとても理想的だといえるでしょう。

こういった部分を考えるとアットホームな職場として近所のクリニックなどを選ぶ看護師さんもいるようですが、クリニックより大きな病院の方が子育てをしているナースには寛容なことがあります。
なぜなら、小さなクリニックの場合、ギリギリの人数で看護師を雇っていることも多く、子育てなどといった事情があってもこういった事情を考慮することができなかったり、例えばお子様の行事などが理由で仕事を休みたいと言っても嫌味を言われたりするようなことがあります。

反対に大きな病院であれば、複数の看護師がおり突然休みたいと言った時であっても、なんとか他の看護師が対応してくれるなどと言うメリットがあります。
また、上記のように託児所を準備している病院に関しても、小さなクリニックの場合にはここまでの環境を整えるのが難しく、大きな病院の方が近くの託児所と提携していたり、病院の敷地内に託児所を持っていたりします。
託児所があれば仕事に向かう時にお子様を預け仕事が終わってから迎えに行くといったスタイルで生活リズムも安定するでしょう。

もちろん、勤務時間等に関しても必要以上に残業を強いられてしまうようなこともなく安心して働ける環境が整っています。
子育てと仕事の両立をしながら看護師として働いていくのであれば、できるだけ大きな病院を選んだ方が良いと言えます。
ただし、託児所などがしっかり見つかっており、短時間のみの勤務を希望するなどと言う状況であれば近所のクリニックなどを選ぶことで短時間勤務、そして平日のみの勤務が可能な事もあります。

土日のみの勤務がいい/平日のみの勤務がいい

kango9
お子様がいるため平日のみの勤務で良いと言う職場を探している看護師さんには住宅地の中にあるクリニックなどがお勧めです。
このようなクリニックは土曜日や日曜日にクリニック自体がお休みになることが多く、週末は必ず休日になるというケースがほとんどです。
週末はゆっくりとお子様との時間を大切にしたいと考えている看護師さんには非常に良い条件となっており、さらに、住宅地などに囲まれたクリニックであれば通勤を考えても自宅からそんなに離れていない職場を見つけることができるでしょう。

また健康診断を行うための健診センターなども平日のみのお仕事になっていますので、土曜日や日曜日、さらには祭日の勤務はありません。
反対に、平日ではなく週末だけピンポイントで働きたいと考えている看護師さんにおすすめなのは、やはり大きな病院になってきます。
大きな病院は週末、特に看護師不足の状態が続いてしまうため土日のみ働きたいという看護師さんであれば非常に歓迎されます。
平日に比べると、土日のみの勤務は時給なども良いケースがほとんどなので、こうした部分もメリットでしょう。

特にママさんナースが働いている病院であれば週末は休みたいというナースが多いため、反対に週末だけ働くことができます。
近年ではこのような様々な条件からも職場探しが容易になっているため、自分の目的に応じて素敵な職場を見つけていきましょう。
上記したなかでも特に土日の看護師を求めている医療機関は非常に多いので、大きな病院だけではなく、その他にも専門的な部門を持つクリニックやさらに、介護センターなども健康チェックやメンタルチェックを兼ねて週末は看護師を募集していることも覚えておきましょう。

平日のみの勤務に関しては上記したようにクリニックを中心に探すことによって職場が見つけやすい傾向にあります。
また、タイミングが良く職場探しをすることができれば学校や教師などの機関で働く事も可能なため、こうした機関であれば週末は必ずお休みとなり、平日のみの勤務が可能になります。

育児明けでブランクがあります。雇ってくれる病院はある?

近年では子育てをしながら働く看護師が次々に増えています。
しかし、出産してから一定期間は職場を離れブランクができてしまったという看護師の場合、職場探しをして現場に復帰する際にもさまざまな不安を抱えてしまうでしょう。
日々進歩している医療に自分自身がついていかれるかどうかという不安を持ってしまったり、子供を預けて働くことに対し、勤務時間などはどうなっているのか不規則な交代制勤務であれば、働くのは難しいと頭を悩ませてしまうこともあります。

もちろんこのような部分について非常にシビアな意見を持っている医療機関もありますが、反対に子育てをしながら働く看護師にしっかりと理解を示してくれる医療機関も増えています。
特に転職サイトに登録されている医療機関であればコンサルタントを通じて看護師の様々な事情をしっかりと把握していますので、ブランクがあってもスムーズに職場復帰ができるような体制を整えていることがあります。

お子様を預けるための託児所を準備しているのはもちろんのこと、勤務時間についても長時間の拘束がないように午後のみ午前のみなどといった働き方も可能です。
またこの他にもブランクを持ち、すぐに現場に戻るのは難しいという不安もしっかりと考慮してくれているため、しばらくの間は研修などを行いながら現場に戻るための抵抗を少なくしてくれる取り組みをする医療機関も増えてきました。

このような職場を探すことができれば、どんなにブランクがあっても再び看護師として頑張っていくことができます。
自分でこのような医療機関を探すのは非常に難しいですが、転職サイトを活用することによってサポート役のコンサルタントが上記したような良い医療機関を見つけてくれます。
転職サイトを利用するにはお金がかかったりするものではなく、無料で利用することが可能ですので安心して登録してみると良いでしょう。
大きな病院ばかりではなく、日中の勤務のみを許可してくれるようなクリニックも見つかります。

ブランクが明けて職場に戻った際、初めのうちは短時間勤務で少しずつ働き、ある程度仕事に慣れてから長時間勤務に切り替えてくれる医療機関なども増えてきているようです。
kango8

新しい病院の空気が怖い

新しい職場で働くのは誰でも緊張してしまうものです。
特にこれまで看護師として働いてきた人の中には過去の職場で人間関係に疲れてしまったなどと言う人もいるでしょう。
このような経験を持っていると、新しい職場探しをする際にも次の職場の雰囲気がわからず不安になってしまうことがあります。
人間関係に疲れてしまうと、一種のトラウマのようになってしまい、新しい職場を探すには足かせとなってしまうことがあるでしょう。
kango7
そんな看護師さんに朗報なのが、職場探しをする際に看護師専門の転職サイトを利用することになります。
転職サイトであれば実際にその病院で働いていた方々の口コミ情報をはじめとして様々な情報を得ることができます。
転職サイトには転職そのものをサポートしてくれるスタッフがいますが、こうしたスタッフが自分の希望する病院の雰囲気や様々な情報などを教えてくれるといったメリットもあります。
またこの他には転職サイトを通じて申し込みを行うことにより、本格的に勤務を始める前の段階で一度体験として勤務をしてみることも可能な医療機関があります。

例え体験であっても、その場だけ病院側がアットホームな雰囲気を出せば騙されてしまうかもしれないと思っている看護師さんもいるようですが、常に患者さんなどに囲まれた職場ですので、その場だけそれぞれのナースが愛想よく振る舞いたり、アットホームな振りをすると言う余裕がありませんので、日常と同じく仕事をしていく中、どのような雰囲気なのかをしっかり判断することができます。

このような転職サイトにいるサポートスタッフは一つ一つの医療機関の内情などにも詳しい知識を持っており、例えば人間関係でトラブルの多い医療機関等に関しては積極的に進める事はしませんので安心できます。
事前に情報を得た上で働き出すのと、全く情報がない状態で働き出すのは精神的な不安も全く違ってくるでしょう。
看護師転職サイトは現在働きながら新しい職場を探している人であっても、今は働いておらずブランクがあるけど、復職先を探している人などまで幅広く活用することができます。

日勤のみの職場/夜勤のみの職場

kango6
日勤のみの看護師を募集している職場はたくさんあります。
基本的には日勤で働くことが一つの常識のようになっているので、大きな病院をはじめとしてクリニックや健診センターなど、どこでも働けると言ってしまっても過言ではありません。
特に大きな病院の場合、病棟だけではなく、外来の看護師も求めているため大きな病院に集中して日勤のみで働ける職場を探してみると良いでしょう。
また、学校で働く看護師などの場合にも基本的には日勤となりますが、このような場合には相応の経験を持っている必要があることや、運動会などにも出勤しなければならないため時間的に昼間ではあるものの、土曜日の出勤があることも頭に入れておく必要があります。

反対に夜勤のみで働きたいと考えている看護師さんにおすすめなのは病床数のある病院となってきます。
小さなクリニックなどの場合、入院患者などもおらず、さらには診察そのものも夕方には終わってしまうケースがほとんどなので夜勤で働くのは難しいと言えます。
しかし、病床のある病院であれば夜間の見回りやナースコール、急患に対応するためなど様々な業務があるので、夜勤専従で働けるのであれば非常に重宝がられます。
近年では夜勤ができる看護師が減ってきていますので、反対に夜勤専従で働きたいということになれば、どの医療機関でも是非働いて欲しいという言葉が返ってくるような状態です。

ただし、日勤とは違うので、例えば病院中に食堂などがあっても夜勤専従の場合には、食堂自体が営業していないことも多く、自分で食事を準備して持っていくことや、書類の整理なども非常に多いことがあるため、こうした部分で業務内容をしっかり確認した上で働く場所を選んだ方が良いでしょう。
日勤専従で働く場合には週末などにも仕事が入ってしまう事も多く、特に病棟看護師として働くと患者さんの状況により知らず知らず、残業時間に食い込んでしまうこともあります。

必ず決まった時間で仕事を上がらなければならないという状況であれば、事前にこのような事情を職場に話した上で勤務時間を調整してもらえるようにお願いしましょう。

看護師は保育園に優先的に入れるって本当?

子育てがある程度落ち着き、職場復帰を考えたいという看護師さんの場合には保育園を探さなくてはなりません。
しかし保育園を探そうと思っても、なかなか見つからずに困ってしまうということもあります。
巷では看護師が保育園を探すと優先的に入れてくれると言った噂がありますが、この噂は本当なのかどうか、真髄について少し調べてみました。

Yahoo!知恵袋をはじめ、その他にも看護師さんが相談をしているインターネットサイトなどを見ていると、実際に看護師さんが優先されたという話はほとんどありません。
保育園側としても、職業によって優先順位を変えてしまうというのは、本意ではないのでしょう。
しかし保育園は入園する園児を決める際に優先順位があることは間違いありません。

この優先順位というのは、まず第一に母子家庭、そしてその次が保育園への申請を行った上で無認可保育園などで待機しているという児童になります。
そしてこの次に優先されるのが、お母さんが正社員として働いている場合になります。
そのため、看護師として働いてい行く上で正社員での雇用契約を結んでいるのであれば比較的、優先的に保育園に入れるというのは一つの条件として該当する人が多いでしょう。

なぜ正社員が優先的に入社できるかというと、正社員の場合には育児休暇を取っていますので、この育児休暇を必要以上に超えて子供を預けることができないという理由から、職を失ってしまうことがないように保育園側としてもある程度優先しているようです。
とは言え、やはり正社員の場合には前述の通り、母子家庭の方や無認可保育園で待機している方がいるため必ずしも申請したタイミングで入所できるとは限りません。
入所したいと思ったタイミングで申し込みをするのではなく、子供が生まれてある程度復職の目処が立った段階で申請しておくと良いでしょう。

一般的に保育園は4月から新しい園児を入所させますが、この受付に関しては前年度の12月から始めることになっています。
そのため、できるだけ早い段階で申し込みをしておくことにより、入れる可能性も高くなるでしょう。
巷の噂だけを信じてしまい、看護師だからすぐに入れるだろうと思っていると、実際にはすぐ入手することができずとても困ってしまうことになります。
どうしても入ることができず、待機の状態が続いてしまうからといって、職場がいつまでも休暇を許してくれるわけではありません。

入手できないことが理由で職場を離れることになってしまえばすぐにでも次の職場を見つけなければならず、それでもやはり子供を預けるところがなければ思うように働けないという悩みも出てきてしまいます。
できるだけベストなタイミングで入手することができるように早め早めの申請を心がけましょう。
それでも入所待ちの状態が続き、復職が難しいようであれば、これまで働いてきた職場への復職ではなく転職サイト等を通じて託児所付きの医療機関を探すなどといった方法にシフトしていくことも大切です。
kango5

御礼奉公を辞めたい。途中でも大丈夫?

若い看護師さんの中には今現在、医療機関で働いていてもお礼奉公中だという人がいます。
御礼奉公というのは奨学金を受けた医療機関で一定期間働くことによって返済義務が免除されるというものになっていますが、病院側が定めている一定期間の中で辞めたいと思った時、御礼奉公中であれば、やはり残りの返済について、気になってしまうのではないでしょうか。
基本的にはお礼奉公がしっかり終わるまでは働くと言う看護師さんが多いのですが、ご家族の事情によってどうしても転勤しなければならないというケースや、職場の雰囲気に耐えられず辞めたくなってしまったなどの場合には御礼奉公中でも辞めることが可能です。

例え病院側の規則で御礼奉公中は辞めることができないと決まっていても、実際には看護師が辞めたいと申し出た時にこれを病院側が一方的に却下することはできません。
このような部分に関しては労働基準法でも定められている内容ですので絶対的なものではないことを把握しましょう。
また、実際に辞める際の奨学金の扱いに関してですが、これについては病院を辞めた後、自分自身で残りを返済していくというのが一般的です。
もちろん奨学金は病院側から借りたお金ですので、貰ったわけではなく、あらかじめ決められた期間は勤務をすることができないのであれば返済するのは当然といえるでしょう。

どんなに病院の雰囲気などが悪く辞めたいと思った時でも、辞めた後の返済義務があることは忘れずにいなければなりません。
ただし、御礼奉公中に辞めたいと思った時には一つだけポイントがあり、看護師専門の転職サイトでコンサルタントに相談してみると、転職先の病院を見つけた上でこの転職先の病院が改めて一定期間働くことを条件に、これまで働いてきた病院への返済金額を肩代わりしてくれるということもあります。
kango4
一つの病院を辞めた後は収入もなく、奨学金の返済が不安な場合にはこのような方法で転職すると良いでしょう。
ただし、前述の通り、新しく働き始める病院でも一定期間は御礼奉公しなければなりませんので、この部分については認識しておく必要があります。
絶対に辞めることはで出来ないことはなく、さらには特にペナルティなどもないケースがほとんどですが、やはり借りたお金に関してはしっかり返さなくてはならないため、御礼奉公中に辞めたくなった時は、この部分をしっかり考えましょう。

病院ナースから施設ナースに移ろうと思っている。新たに覚える技術はある?

これまでは主に病院といった医療機関で働いてきていますが、今後の対策を考えたときに医療機関ではなく、さまざまな施設で働きたいと思うこともあります。
主に介護を扱っているケアセンターなどをはじめ、その他老人ホームなどもありますが、こういった施設で働いていくために、特別なスキルを身につける必要はありません。
これまでの経験を生かしながら働いていけばそれで良いのですが、医療機関と違うところは、患者さんとなる相手がお年寄りばかりということです。

医療機関であれば若い患者さんなどもいますので、例えばお薬を飲んだりする際の指示に関してもすぐに理解してくれたり、その場で行動に移してくれる患者さんが多く、看護師としても仕事をスムーズにこなすことができます。
その反面、介護施設になってくるとお年寄りばかりですので、お薬の説明をして飲んでほしいと言ってもうまく伝わらず、何度も聞き返されてしまったり、お薬が上手に飲めず薬を飲ませる時には必ず介護スタッフの介助が必要になるなどというケースもあります。
こういった部分では自分自身の中で、広い心を持ち患者さんを急かすようなことがないように気をつける必要があります。

また、老人ホームなどの場合、好んで入所しているというお年寄りばかりではなく、ご本人は入りたくないという気持ちを持っているにもかかわらず、ご家族の都合などによって入居したという方もいます。
このような方の場合、意固地になっている傾向にあるため看護師が話しかけても返事をしてくれなかったり、ときには大きな声で罵倒されるようなこともあるかもしれません。

しかしこういった部分に関してもしっかりと気持ちを感じ取り、心とココロで通じ合えるような関係を築き上げていく必要があります。
看護師自身がストレスを溜め込んでしまい、余裕のない状態ではこうした施設で働くことは厳しいといえるでしょう。
またこれまでは日勤専従で働いていたという看護師さんであっても、介護センターや老人ホームの場合には夜勤が出てくることもあります。
そもそも介護施設などの場合には、多くの看護師が常駐しているわけではありませんので、万が一、夜間に入所している方々の体調に変化があったなどというケースでは看護師が対応する必要が出てきます。

必要に応じて救急車を要請することや近くの病院との連携を図り、どんなときでもすぐに患者を受け入れてもらえるような環境を整える必要があるでしょう。
こういった部分に関しては、看護師だけでは無く、働いている介護スタッフやソーシャルワーカーなどと連携をとりながら施設の環境を整えていかなくてはなりません。

上記のように新しく覚えるスキルや取得する資格などは特にないものの、やはり医療機関とは違った部分がたくさんあるので、あらかじめ十分把握した上で働くことを決断しましょう。
医療機関に比べると力を使うことも多く、入手している方々の床ずれなどを防ぐため頻繁に体勢を変えてあげることなども必要になってきます。
この点に関しては医療機関でも同じことが言えますが、やはりお年寄りばかりの中で働くことになりますので、こうした部分では看護師自身が広い心を持つことと細かな体調の変化にも気がつけるような洞察力が求められます。
kango2

ダブルワークを許している職場を選びたい

看護師はダブルワークが許されない仕事だと思っている人も多いようです。
しかし絶対的なものではなく、ダブルワークが許されている職場もあります。
もちろん職場でダブルワークが禁止されているようであれば、勝手な判断でダブルワークをしてしまい、それが職場に分かった段階で解雇されてしまう懸念があるので注意しなければなりません。
副業が可能な職場で働きながら、更に収入を得るため、または自分のスキルなどを磨いていくためダブルワークをしたいと考えているのであれば基本的に単発の仕事を探していくと良いです。

様々なイベントなどが行われる際の救護室で働くという仕事内容から、旅行会社のツアーに同行していくといった仕事などもあります。
ただし、ツアーに同行していくというケースでは宿泊になってしまうことが多いためこういった部分でメインの職場とのシフトを考えていく必要があります。
このほかには介護事業所などが行っている訪問入浴や検診などに携わりながらピンポイントで働くという方法もあります。
そして期間限定になりますが、夏場のプールの救護室で働くことや冬場のスキー場の救護室で働くと言った仕事内容なども見つけることができます。
kango3
基本的にダブルワークとして働く内容は継続して勤務するものではなく短、期間集中で勤務するというものや、しばらくの間は継続した勤務であっても、時間そのものが短いといった内容ばかりになっています。
ただし、ダブルワークが許されている職場とはいえメインの職場の出勤率が下がってしまうようではあまり良い事と言えませんので、あくまでもメインの職場のシフトに影響を与えない程度にダブルワークを頑張っていくようにしましょう。
どうしても突発的にお金が必要になってしまった時などは特にイベント会場の仕事や季節限定の仕事がお勧めです。

このほかにも1日限定で大きな企業などに出向き、健康相談を受けるという仕事などもあるため非常に様々な副業を経験しながら自分自身のスキルアップに役立てていくこともできるでしょう。