日勤のみの職場/夜勤のみの職場

kango6
日勤のみの看護師を募集している職場はたくさんあります。
基本的には日勤で働くことが一つの常識のようになっているので、大きな病院をはじめとしてクリニックや健診センターなど、どこでも働けると言ってしまっても過言ではありません。
特に大きな病院の場合、病棟だけではなく、外来の看護師も求めているため大きな病院に集中して日勤のみで働ける職場を探してみると良いでしょう。
また、学校で働く看護師などの場合にも基本的には日勤となりますが、このような場合には相応の経験を持っている必要があることや、運動会などにも出勤しなければならないため時間的に昼間ではあるものの、土曜日の出勤があることも頭に入れておく必要があります。

反対に夜勤のみで働きたいと考えている看護師さんにおすすめなのは病床数のある病院となってきます。
小さなクリニックなどの場合、入院患者などもおらず、さらには診察そのものも夕方には終わってしまうケースがほとんどなので夜勤で働くのは難しいと言えます。
しかし、病床のある病院であれば夜間の見回りやナースコール、急患に対応するためなど様々な業務があるので、夜勤専従で働けるのであれば非常に重宝がられます。
近年では夜勤ができる看護師が減ってきていますので、反対に夜勤専従で働きたいということになれば、どの医療機関でも是非働いて欲しいという言葉が返ってくるような状態です。

ただし、日勤とは違うので、例えば病院中に食堂などがあっても夜勤専従の場合には、食堂自体が営業していないことも多く、自分で食事を準備して持っていくことや、書類の整理なども非常に多いことがあるため、こうした部分で業務内容をしっかり確認した上で働く場所を選んだ方が良いでしょう。
日勤専従で働く場合には週末などにも仕事が入ってしまう事も多く、特に病棟看護師として働くと患者さんの状況により知らず知らず、残業時間に食い込んでしまうこともあります。

必ず決まった時間で仕事を上がらなければならないという状況であれば、事前にこのような事情を職場に話した上で勤務時間を調整してもらえるようにお願いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です